Dai Kimoto & his Swing Kids

over 400'000 Km around the World

ほんの一例です。


「こんなバンドをニューヨークで持てたら夢のようです」ニューヨーク・コロンビア大学音楽部長

「スイングキッズの演奏が始まった時なぜか涙が頬を流れて止みませんでした。素晴らしいレベルで演奏をしていますがそれが理由ではないのです。小さな子供たちが躍動感溢れる生きた音楽をやっているからです。ここに音楽の本質を見たのです。あなたがこの子供たち通して起こす奇跡に心より感謝します」マルコス・M ブエノスアイレスの銀行頭取からのメールの一部

 

「演奏が始まった時、オレは夢を見ているのか、それともこれは現実なのか?と自分に疑問を投げかけました、同じ音楽を教えている者として信じられないです」スイスの音楽家

 

「私の人生の中で最高の夜でした」北ドイツのある男性が目に涙をためて話してくれました。

 

「私は80年以上この世に生きていますがこんな素晴らしい体験をしたことはありません」南ドイツ、コンスタンツ市の女性、コンサートでは一時間半もアンコールをやったんです。

 

「あなたは魔法使いですか?」時々コンサートの後に言われます。

 

「私は人間社会の将来を悲観していましたがこの子たちを見て世の中まだまだ捨てたものではないなあ、と思いました。スイスの教師経験者

 

「スイングキッズの登場はダボスで大きな爆弾が爆発したようだった」ダボス・ジャズフェスティバルの実行委員会会長マーク・デミッシュ氏が新聞のインタビューで語った一部

 

「木元さん、日本人は長生きするんでしょう、120歳まで生きてスイングキッズを続けて下さい」スイスのある男性

 

「こんなバンドが世界にもう一つあるとは想像出来ないね」スイス国営テレビのディレクター、ロルフ・ヴァイス氏

 

「私はこれまでたくさんの青少年のバンドを聴いて来ました、自分でも指導した経験があります。その上で言えるのは、スイングキッズは世界でも最高のクラスだと思います」チューリヒ芸術大学作曲科教授、アンドレ・ベルモント

 

「何の疑いもなく言うことが出来ます、昨夜のコンサートは私が人生で体験した最高のものでした」ロドルフォ・ロイク、ラ・プラータ市、アルゼンチン